読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

入稿日

先月末に続き、今日は書籍を1タイトル、印刷所に入稿します。先月末に入稿したタイトルは進行管理がメインでしたが、このタイトルは再校の制作から最後の索引まで私が制作しています。f:id:wakabkx:20170418094949j:plain

昨夜、眠る前にソファでごろごろしながら最終確認していると、白ページにハシラとノンブルが入っているところが2箇所見つかりました。白ページについてはこちら。

wakabkx.hatenadiary.jp内容に影響があるような間違いではありませんが、同業者に見られると書籍編集者として恥ずかしいものですのできちんと削除します。

ハシラとはページの端に配置され、そのページが該当する書名や編名、章名などを記す見出しのことです。目的の内容の該当ページを探しやすくするためにつけられます。

ページの右上や左上につけられることが多いですが、このタイトルは右下と左下、ノンブルの隣につけています。ノンブルとはページ数のことです。

入稿日はこのようにハシラやノンブル、ツメと呼ばれるインデックスなど、本文以外のページ周りを最終チェックします。入稿日に本文をチェックしなければならないようでは編集者失格です。

このほか、カバーや帯、表紙に不具合はないか、ISBNや価格が間違っていないか、スリップ(書籍に挟み込む短冊)はできあがっているかなどを確認します。

以前に制作したタイトルで入稿日に左右のノンブルが上下に3ミリずれていたということがありました。人間がやることですから絶対に間違えないということはありません。

印刷会社が入稿データを取りにくるのは16時です。念のため午前中いっぱいは著者からの突発的な連絡に備え、午後から入稿データの準備を始めます。

書籍編集部の敗戦処理は残り1タイトルになります。いまはまだ実感がありませんが、最後のタイトルが完了したとき、仕事に対するモチベーションがなくなり、廃人になっているかもしれません。

やっぱり転職しようかな…。