読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

見極め

「休みのところ申し訳ないが、急いで対応してもらいたい」― 申し訳ないと思うのであれば電話しないでほしいと喉元まで出かかりましたが、ぐっとガマンです。

美容院でカットしてもらっているところでマネージャーから電話がかかってきました。その対応で午後は電話とメールに追われ、結局のところずっと仕事です。

あなたが休めと言うから休んだのにやっぱり働けとは…頭の中で“乳首ドリル”の「すんのかと思ったらせんのかい!」がオートリピートしていました。

しかも昨日、パソコンの持ち帰りも禁止されたので、自宅のパソコンからリモート接続して対応したのですが、反応が遅いのでイライラしっぱなしです。

私は独り身なのでよいですが、結婚して子どもがいて、例えば「今日は子どもの誕生日だからディズニーランドで家族サービス中」という状況だったらどうだったのでしょう。

…と思ったけど、そういう相手には電話せず、私だからなんだろうなあ。「休みっていってもどうせ1人で家にいるはず」と思われているような気がする。

いま就職活動中の学生や4月からの新入社員は「自分にしかできない仕事をしたい」と思っているでしょうし、それはとても素晴らしいことだと思います。

ただ「自分にしかできない仕事」と「都合良く利用されること」を混同してはいけません。その見極めができないと私のようになってしまいます。

昨日の強い風と雨のせいで桜が散りましたが、水面に漂う桜の花びらが織りなす模様もまた風情があるものです。今週末もまだ花見を楽しめそうです。

f:id:wakabkx:20170413204508j:plain