読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

スカウト

仕事 日常

「ずずずさんにスカウトが届きました!」

昨年の夏、書籍出版事業の廃止と解雇宣告を受け、エージェントへの連絡から無料の転職サイトへの登録まで、ありとあらゆる手を打ちました。

結果的にはウェブ媒体への異動で現職に残っているわけですが、またいつ何が起こるか分からないため、転職サイトへの登録はママにしてあります。

しかし、転職はやはりエージェントに限ります。無料の転職サイトは募集企業も応募者も“下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”というスタンスです。

私にもかなりのスカウトが届くのですが、業種は大体、決まっていて、

・塾講師
・タクシーの運転手
・外壁塗装の営業
・パチンコ店のスタッフ

ばかりです。

“登録してあるずずずさんのキャリアを拝見し、当社で活躍していただけると思い、ご連絡しました”と名前の部分だけを変えたと思われるテンプレートメールが大量に届きます。

新聞記者と編集者のキャリアがなぜタクシーの運転手やパチンコ店のスタッフに活かせるのか、一度でよいから問い詰めてみたいところです。

件名に社名が入っているのでそのテのメールはごみ箱に直行ですが、今日はぴくりと反応してしまうスカウトが届き、つい開いてしまいました。

「有限会社プレステージ様からスカウトが届きました!」

「まさか?」と思いましたが、それなりにありそうな社名です。職種は広報、撮影アシスタント、総務となっています。ホームページを開いてみました。

いつも大変お世話になっております!

はい、AVメーカーです。『働くオンナ』シリーズを初めて見たときは衝撃を受けました。「こ、こんなかわいい子がAVに出るなんてすげーな!」と。

真面目な話、エロというものはとても優良なビジネスの1つです。VHSとベータによる「ビデオ戦争」と呼ばれるビデオの規格争いにケリをつけたのはAVという一説があるほどです。

求人情報を見てみると、給料は決して悪くない水準ですし、福利厚生もしっかりしているようです。文面からはとても優良企業のように見えます。

マテ!

ほんの少しだけ気持ちがぐらつきましたが、趣味と実益を兼ねると良いことなどありません。しかも凝り性の私がAV業界に入ろうものなら大変なことになるのが目に見えています。

それにしても、AVメーカーが転職サイトに求人を出す、さらにスカウトまで送るということに時代は変わったとしみじみ思います。

子どもが将来就きたい職業にキャバ嬢がランクインされたと聞いたときに衝撃を受けましたが、いずれAV女優がランクインするときがくるのかもしれません。

ちなみにスカウトに応募していませんので、悪しからず。