読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

知らず知らず

電恋

「嫌なら見なくていい」「誰にも迷惑をかけていない」― 個人でブログを書いているとつい言ってしまいがちな台詞ですが、言ってはならないと考えています。

誰もが目にできるウェブ上で自分の考えを公表すると、批判的な意見を受けることは避けられません。それこそ「批判的な意見を受けることが嫌なのであればブログなど書くな」という話です。

私がこうしてふみちゃんへの想いを書いていることに対し、“たまたま”見てしまった誰かに嫌な思いをさせ、迷惑をかけてしまっているかもしれません。

例えば、以前にストーカー被害に遭ったことがある人であれば、自分が知らないところで勝手に自分への思いを書き続けていることに恐怖を感じるかもしれません。

私はふみちゃんに嫌な思いなどさせたくありませんし、ストーカー行為などするつもりもありません。何とかふみちゃんに姿を見られないように毎日びくびくしています。

しかし「自分はストーカーなどではない。自分だけは違う」というのはストーカーの発想です。その行為が相手を不快にさせるかどうかは自分が決めることではなく相手が決めることです。

こうして好き勝手に書いていることをふみちゃんが知ったら、とても嫌な気分になるかもしれません。そもそも、よく知らない女性をここまで好きになること自体が気持ち悪いことでもあります。

ただ、どうしても吐き出したいのです。吐き出さないと頭が爆発してしまいそうで本当に辛いのです。あわよくば誰かに何か言ってもらって落ち着きたいのです。

どこかに晒されているのか、最近「気持ち悪い」「この世から消えて」「ストーカーお疲れ」といったメールが届くのですが、自分でよく分かっているので返す言葉もありません。

誰も不快にさせたくありませんし、誰にも迷惑をかけたくないのですが、知らず知らずのうちにそうしてしまっているのかもしれません。

そのことは絶対に忘れず、常に念頭に置いているので、不快にさせてしまった人には申し訳ありませんが、もう少しだけ書かせてもらえると救われるのです。