読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

期待を裏切らない男

仕事 電恋

私は期待を裏切らない男です。安心してください。

今年もゼロでした。

サプライズなど起こるべくもありません。国際的な大手情報企業で外人相手にバトルを繰り広げるブサイクとして、ブサイク道をこれからも邁進します。

帰り際に広告営業チームと作戦会議を開いていました。彼らの希望は何としてでも広告営業チームの出版物を私に担当してもらうことです。

私は昭和の人間です。日本の古き悪しき慣習が詰まった新聞社で社会人としてのスタートを切った男です。そう簡単に外資系の色に染まるわけがありません。

社内で困っている人がいて私に助けを求めているのであれば、何とかして手伝ってあげたいのです。それで自分が無理をすることになっても、です。

手伝うことによって報酬は増えないのに業務は増え、土日祝日も仕事せざるをえなくなったとしても、見返りを求めるつもりはありません。てめぇのケツはてめぇで拭きます。

ただ、ダイレクターを説得する理由が見つかりません。言葉の世界で生きる言葉のプロであるにもかかわらず、ダイレクターに上手く伝える言葉が見つかりません。

以前はふみちゃんに気持ちを伝える言葉が見つかりませんでした。言葉に力がないのではありません。言葉の力を活かす能力が私にないのです。

肝心なところで言葉の力を引き出せず、いつも凹んでいます。広告営業チームの期待を裏切らないようにするにはどうすればよいのか。