読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

釣り餌

仕事 電恋

「ずずずさんって彼と仲が良いらしいですね。今度、彼を誘って一緒にお昼いきませんか」―“彼”とはイケメン君のことです。彼のイケメンぶりはフロアが違う営業の女性陣にも知れ渡っているようです。

私の人生はこのようなことばかりです。遠くから眺めているだけだった好きな女の子に話しかけられて天にも昇る気持ちになった瞬間、私の友人を紹介してほしいと言われて一気に落とされたり。

今回も私は彼を釣るための餌であり、このような扱いをされたら不快になる男が多いと思いますが、30年以上のブサイク歴を誇るプロブサイクの私ともなれば日常茶飯事なのでまったく気にしません。

ただ、正直言って彼と一緒に食事したいと思えませんし、そもそも12時ぴったりにお昼ごはんに出るのは難しいので、セッティングだけして当日にドタキャンしようと考えています。

女性陣にとって彼さえいればよい、お昼ごはんに行くことさえ決まればむしろ私はいないほうがよいでしょうから、ドタキャンしたら逆に満面の笑みを見せてくれそうな気がしています。

ところで、米国の大スターであるブルーノ・マーズ氏がいま来日しています。昨夜、ニュース番組に出演していて、画面を通してでも大スターのオーラを放っていました。

ブルーノ・マーズといえば『Treasure』です。以前も書きましたが、うちのバンドのライブで定番となっている曲の1つで、必ず盛り上がります。

www.youtube.comうちのバンドのライブ版『Treasure』がこちら。PCだとすぐに聴けますが、スマホで見ると「Play on Sound Cloud」(大)と「Listen in browser」(小)が出るので「Listen in browser」(小)のほうをクリック。

この曲の歌詞、ものすごいです。これを素面で女性に言える男がいたら弟子入りしたいです。サビの歌詞は次のようなものです(和訳はずずず)。

Treasure, that is what you are
Honey, you're my golden star
You know you can make my wish come true
If you let me treasure you
If you let me treasure you

宝物、それは君のことなんだ
ハニー、僕にとって君は黄金に輝く星なんだ
君は僕の願いを叶えてくれるだろう?
僕に君を大切にさせてくれるなら
僕に君を宝物のように大切にさせてくれるなら

「ねぇ、ふみちゃん。ふみちゃんは僕の宝物なんだ。ふみちゃんは僕にとってキラキラ輝く星なんだよ。僕の願いはふみちゃんを幸せにすること。ふみちゃんは僕の願いを叶えてくれるでしょう?ふみちゃんを大切にするから、その機会を与えてほしい。ふみちゃんを宝物のように大切にする機会を与えてくれるなら、僕はふみちゃんを幸せにするから」

い、言えねぇ…。言えるわけがねぇ…。どの面下げてこんなこと言えるんだ…。

今年のモットーは「身の程を知る」です。