電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ふみちゃんの同僚

いつもふみちゃんと一緒になる品川駅での乗り換えで、今朝はふみちゃんが近くに来てくれました。最近は少し離れた位置に乗り込んでしまうことが多く、地味に凹んでいるのですが、これだけで今日1日、がんばれます。

ところで最近、ふみちゃんの同僚の1人を見かけなくなりました。会社の最寄り駅までの地下鉄でいつも一緒になるふみちゃんの同僚は3人です。ただ、そのうちの1人は前からいたりいなかったりで、2人がいつも一緒なのですが、その2人のうちの1人を見かけなくなったのです。

ふみちゃんと比べてメイクなどが少し派手で、たぶんふみちゃんよりも美人と思う人が多いのではないかと思います。左手の薬指に指輪をしているので、結婚している感じには見えないのですが、彼氏はいるのでしょう。この人を見かけなくなりました。

ふみちゃんも、ふみちゃんの同僚の皆さまも、7月に個別に夏休みをとっていたようなので、遅めの夏休みということではなさそうです。この時期に急に退職するということもありそうにないので、通勤時間が変わったと考えるのが自然ではないかと思います。

一時的なのか、今後ずっとそうなのか、は分かりません。また、1本だけ早くor遅くなったのか、それとも時間が大きく変わったのか、も分かりません。ただ、ある日突然、見かけなくなったわけで、これがもしふみちゃんだったら…と思うと、背筋に悪寒が走ります。

しかし、ふみちゃんの通勤時間だっていつ変わってもおかしくありません。ほんの数分の違いとはいえ、1本でも電車がずれれば、もう2度と会えなくなってしまいます。異動の時期でなくとも、急に大きな企画に組み込まれて業務が変わる可能性もあります。

毎日そこにいることが当たり前のようになっていて、ふみちゃんがいなくなることなど想像していませんでしたが、ある日突然、いなくなってしまってもおかしくないのです。その可能性を常に意識しておく必要性を痛感しました。

こんな状況はいつまでも続きません。会えているうちに、しかも早く何とかしなければなりません。1~2日見かけなくて「あれ、ふみちゃんお休みかな?」と思っていたら結局ずっと会えなくなった、という情けない事態だけは避けたいと思っています。