電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ふみちゃんのかわゆさを力説してみる

「通勤電車で一緒になる女性に恋したブサメンの日常」と銘打ち、7月下旬には本気で行動を起こす宣言をしたにもかかわらず、ここ最近、ふみちゃんのことを書く機会が減っています。

決して、ふみちゃんのことを諦めたわけではありません。いまも毎日、会いますし、好きすぎてたまらないぐらいです。ただ、まったく進展がないので、特筆すべきことがない状態です。

何か書こうと思っても「今朝もかわゆかった!」「近くにきてくれた!」のひと言で終わってしまいます。われながら、恋に恋している状態で情けないとしみじみ思います。仕事が激動すぎる、というのは言い訳です。

いまはまだベロベロに酔っ払う前のほろ酔いです。今夜は、ふみちゃんがいかにかわゆいか、力説したいと思います。

1. 小さいのがかわゆい

私の身長は175センチですが、ふみちゃんの頭はいつも私の肩より少し上ぐらいなので、150センチ台なのではないかと思います。「小動物系」という言葉がぴったり当てはまります。冬はロングコートですっぽりと包み込みたいといつも思っていました。

2. 声がかわゆい
電恋の最難関の1つに「声を聞くこと」が挙げられます。話しかけられないのであれば当然です。しかし、ふみちゃんは毎朝、同僚と一緒になり、楽しそうにおしゃべりしているため、いつも声を聞けるのです。「それで満足するな」と言われると耳が痛いのですが。

3. 服装がかわゆい
見るからに高そうなものを着ているわけではなく、カジュアルな服装なのですが、ふみちゃんにとても似合っています。真っ白なワンピースがとても似合いそうだといつも思います。ファッションセンスなるものが皆無な私にとって憧れます。仕事は何をしているのか。

4. 色白がかわゆい
「色の白いは七難隠す」とよく言いますが、ふみちゃんには隠すべく“難”などないため、かわゆさを何倍にも引き立てています。偏見や思い込みと言われてしまえばそれまでですが、やはり色白というのはそれだけで清潔感を与えます。先月末の採用面接で実感しましたが、人間は第一印象が大切です。

…ふみちゃんのかわゆさを挙げれば挙げるほど辛くなってきました。私のようなブサイクにとっては文字通り高嶺の花ですし、これだけかわゆければ当然、彼氏がいるはずです。

「毎日、会いたくないブサイクがいるのだけど、特に何かされたわけではないし、乗り換えの便利さには変えられないから、いつもの場所から乗っている」と思われているのではないかと不安になります。

そもそも、何とも思われていないのであれば、それはそれで凹みます。「嫌い」「会いたくない」というのは、少なくとも認識しているということであって、何とも思われていないことよりはマシではないかと思います。

「こんな毎日、いつまで続けていくのだろうか」と1日の終わりにいつも思っています。言い訳はみっともないですし、仕事で言い訳することはないのですが、ふみちゃんのことに限っては「でも」「だって」のオンパレードです。

外資でサバイブしているという仕事の自信を少しでもふみちゃんとのことに振り分けられれば、と思うのですが、どうしたものか。