電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

朝イチの電話

「大変申し訳ありませんが、9月から行けなくなりました」― 出社と同時に電話が鳴りました。朝イチの電話は大抵、悪い知らせです。とにかく早く伝えなければならないことですから。そして予想通り、悪い知らせでした。

9月から私のサポートとして派遣で来ていただく予定だった方が来られなくなりました…。

ご主人が9月から転勤になり、単身赴任する予定だったのですが、急きょ家族全員で行くことになったそうです。理由を聞いて「本当かな?」と思ったのですが、嘘であってもどうしようもありません。ただ、私としては「もっと条件が良いところが見つかって」など、正直に言ってもらうほうがよいのですが。

それにしても参りました。どうしましょう。2人目がなかなか見つからずに困っているところで、ひとまずこの方が1人いれば、しばらく私が実作業を手伝いつつ9月に入っても面接を続けていけばよいと考えていたのですが、これからまた2人探し直すとなるとかなり焦ります。

「あと2週間しかない」と考えるか「まだ2週間ある」と考えるか…いや、あと2週間しかありません。家庭の事情であれば何も言えないのですが、パソコンをセッティングしたり、メールアドレスを用意したり、データベースのIDを取得したり、来ていただく準備を着々と進めていたので、ショックが大きいです。

今日はこれからまた外出です。マネージャーは午前中、外出で、ちょうど私と入れ替わりで出社するもようです。あとはマネージャーにがんばって探してもらうか。