電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

転職エージェント

解雇通告を受けてからすぐ、いまの会社に入るときにお世話になった転職エージェントに連絡を取ったり、さまざまなスカウトサービスに登録したところ、有象無象の転職エージェントからひっきりなしに電話がかかってきます。しかも仕事中に。

転職エージェントの仕組みをご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に説明します。転職エージェントとは、企業から「こういう人材がほしい」という要望を受け、自社に登録している人材の中からその条件に合致した人材を紹介する存在です。

転職エージェントは、転職希望者の希望条件に合った企業とポジションがあれば紹介し、応募から面接日時の設定、年収の交渉までを代わりに行ってくれます。このほか、履歴書や職務経歴書の書き方、面接のアドバイスなど、採用に向けてサポートしてくれます。

ここまでやってもらっても転職希望者には一切の費用がかかりません。無料です。転職エージェントは、自身が紹介した転職希望者が採用されたときに、企業から紹介手数料をもらうからです。相場としては、採用された人材の年収の3割といわれています。

例えば、自身が紹介した転職希望者が年収500万円で採用された場合、転職エージェントが企業からもらう紹介手数料は150万円です。仮に年収1,000万円で採用されたときは300万円を手にすることができます。私が現職に転職したときは…秘密です。

逆を言えば、自身が紹介した人材がまったく採用されなければ収入はゼロです。失敗したらマイナスになるというわけではないので、ハイリスクというわけではありませんが、ギャンブル的な要素が強い仕事です。

また、人材派遣会社や職業紹介会社を設立するには厚労省の許可が必要ですが、難しい試験などではなく、定められた講義を受講すればよいだけです。極端な話、受講して許可がもらえ、PCと電話があれば自宅のソファからでも仕事を始められます。

転職エージェントは、私が前回の転職でお世話になった最大手のようなところから数人でやっている小規模なところまで、それこそ有象無象の業者がひしめいています。小規模の転職エージェントは、魑魅魍魎がうごめいていると言っても過言ではないと思います。

転職エージェントはボランティアではありません。紹介したら採用されそう、もっと直接的に言えば“高く売れそう”な転職希望者を常に探しています。そして見つけたら争奪戦です。他社に先にアプローチされてしまえば終わりです。

小規模のところはとにかくすぐにコンタクトを取りたいと考え、電話してきます。気持ちは分かりますが、スカウトサービスに登録した時点で「在職中」と書いたのですから、よく読んでもらいたいところです。

このような対応によって、小規模のエージェントは転職希望者の信用を失っています。初めて転職するという人であれば「こんなに早くコンタクトを取ってくれるなんて!」と信用してしまうかもしれませんが、経験者の私には逆効果です。

それに小規模なエージェントは保有しているポジションが極めて少ないです。そのため、そこにお願いして1社応募して不採用になった途端、音信不通になることがほとんどです。「採用が決まるまでお付き合いします」という考えがないのです。まさに人身売買。

「転職活動に当たり、転職エージェントは1社に絞らず、複数社を使い分けるべし」というアドバイスをよく見かけますし、私もその通りだと思います。しかし、最大手に求人依頼を出しているようなところは中小規模にも同じ依頼を出しています。最大手と小規模のエージェントから同時に、同じポジションを紹介されたことがありました。

転職活動には人それぞれのやり方があると思います。小規模のエージェントで決まったという人もたくさんいるはずです。ただ、私は最後に頼るならやはり最大手だと思っています。担当のアドバイザーとの相性もありますが、最大手で決まらなければなかなか難しいかもしれません。

前回の転職活動での経験から、結局のところ最大手が最も信頼できると思っています。保有しているポジションもいっぱいありますし。とはいえ、意外なところにお宝が眠っている可能性も捨てきれません。数日は有象無象の電話にガマンします。