読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

昨夜、またもや夢を見ました。ただ、ふみちゃんの夢ではありません。

豚キムチの夢です…。

なぜ豚キムチ。先日、取材先の近辺でメシを食おうと思い、ふと目についた定食屋の入り口に“今日のおすすめ定食”として豚キムチがあった気がしますが、もしかしてそのせいか。その日は当然、会社に戻って仕事があったので食べませんでしたが。

というわけで豚キムチ&ビール。

f:id:wakabkx:20160724165333j:plain

ニンニクと生姜のみじん切りを胡麻油でしっかりと炒めて、味付けは塩コショウとコチュジャンのみ。キムチと漬け汁には旨みがたっぷりですので、余計な調味料は使いません。

ただ、ニンニクの芽を入れようと思ったのに買い忘れて、地味な彩りになってしまいました。味は良いのですが。

わたくし、一人暮らしのくせに2LDKのマンションに住んでいて、ベランダも広くてテーブルとイスを置いてあります。そこに豚キムチとビール、ノートPCを持ち出して、昨夜のライブの映像をチェックするという、穏やかな日曜日の夕方です。

…と思ったら、明日、私の学生時代の先輩がいる出版社の面接を受ける後輩から電話が。「ずずずさん、職務経歴書を見てもらってもよいですか?」― 別に初めての転職じゃなかろうに。それにもうアルコールが入っているんですけど。

私 :「(仕方ない)Wordファイル、メールで送って」
後輩:「もう送りました」

…ま、まあ必死ですから。休日は赤ペンを持ちたくないのですが、ざっと確認します、はい。