読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

二日酔い

日常 料理 電恋

強烈な二日酔いの日曜日です。昨夜、金沢八景のほうまで釣りに行ってきたという親友が「これで何か作ってー」と帰りにうちに寄り、白ワインから日本酒、ウィスキーまで、文字通り痛飲してしまいました。美味い魚を持ってこられたら飲まないわけにはいきません。

クーラーボックスを見ると、型の良いイシモチが。淡白な白身の魚で、刺身にすれば鯛や平目といった高級魚にも匹敵する美味さです。ただ、足が早いため、生で食べられるのは釣り人だけの特権です。

f:id:wakabkx:20160626122216j:plain

しかし、ヤツめ。「刺身は飽きた。キンキンに冷えた白ワインが飲みたいから、それに合うやつにして」という贅沢なことを言いまして、ベランダで育てているバジルが大きくなっていたのでカルパッチョにしてみました。

f:id:wakabkx:20160626122248j:plain

さらに、味噌汁にしようと思って買ってきたアサリを見つけられてしまい、もう一品はアクアパッツァに。手が込んでいるように見えますが、ただ煮込むだけの超簡単料理。しかも、こんなに新鮮な魚であれば、誰が作っても美味しくできます。

f:id:wakabkx:20160626122343j:plain

料理好きの常として、自分ではあまり食べません。作ったものを美味いと言いながら食べてもらうのが楽しいのです。私は少しつまんだだけで、ほとんどヤツが食べてしまいました。とっとと結婚して奥さんに作ってもらえばいいのに。

ヤツは私の友人の中でも1、2を争う超絶イケメンです。高校時代からの付き合いですが、スポーツ万能で頭も良く、おまけに性格も良い。いまは某総合商社で出世街道まっしぐら。天に二物も三物も与えられた男です。

世の女性がこんな男を放っておくわけもなく、当然、モテまくりです。ただ、数年前、婚約までしていた彼女にこっぴどく裏切られたせいで女性不信に陥り、いまだに傷が癒えていません。イケメンなら人生順風満帆だと思いがちですが、それなりに悩みがあるものです。

まあブサイクのほうが悩みが多いけどな(涙)

これだけ飲み食いしたくせに「お腹すいた」と言いやがったので、冷蔵庫にあったものでさっとナポリタン。ちょっと量が多いかと思いましたが、使い切りたかったので全部使ってもペロリと平らげました。

f:id:wakabkx:20160626122431j:plain

「いやー、お前ホント、良い旦那になれると思うんだけど。何で結婚しないんだ?」

決まってるだろ、ブサイクだからできないの。何度も言わせんな、このヤロー(涙)

「好きな子ぐらいいるんだろ?」と聞かれましたが、「毎朝、電車で見かける女性に恋している」なんていくらヤツでも話せない…。話してもバカにするようなことは絶対にないでしょうし、「オレが一肌脱ぐ!」ぐらいのことを言い出すと思いますが、話せることと話せないことがあるの…。

今日は梅雨の晴れ間で良い天気です。彼女は何をしているのかな、明日も会えるかな、と想像しながら、掃除と洗濯に精を出すブサメンの休日です。