電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ライブ!ライブ!ライブ!

ブサイクな顔は整形でもしない限り何ともなりませんが、髪型やスタイル、服装などは自分の努力次第で何とかなります。先日、どこかで見かけたのですが、チビとハゲ、デブのうち、女性が嫌なものは圧倒的にデブだそうです。

もちろん病気などで太ってしまう男もいると思いますし、そういう場合は仕方ないのですが、大多数は自身の怠慢です。「食べてはいけないと分かっていてもつい食べてしまう」「ダイエットしようと思っても続かない」というのは甘えです。

私はブサイクな顔を何とか補うべく、あれやこれやとやっている…つもり。少なくともデブではありません。また、何とか女子ウケを獲得すべく、ヲタクっぽくない趣味を持っているのですが、その1つがバンドで、今日はこれからライブなのです。

しかし、何の因果か、ほかのメンバーはみんなイケメンなのです。特にサックスとキーボード。ネットのバンドメンバー募集で前知識もなく、しかもロックやポップスではなくジャズファンクというマイナーなジャンルで集まったのに、なぜブサメンの周りにはイケメンが集まるのか。ちなみに私はベースです。

いつか彼女に見てもらいたいな、という空しい妄想を抱えながら、リズム隊はひたすらボトムを支えるのです、はい。