電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

指輪の意味を考える

横浜方面から都内まで通勤している方々は今朝、大変だったと思います。JR東海道線京浜東北線横須賀線は平行して走っている区間が長く、どれか1つで事故が起きた場合、すべての路線が影響を受けます。私は京浜急行を使っていて、こちらは事故などなかったのですが、JRの振替輸送で大混雑となり、各駅での乗降に時間がかかったせいで大幅に遅れました。

「生きてりゃきっと良いことある」だなんて綺麗事は言いません。ブサメンだと嫌なことはたくさんありますし、駅のホームで衝動的に電車に飛び込みたくなることもありました。だから生きるも死ぬも自分で決めればよいと思います。To be, or not to be. ただ、他人に迷惑をかけるのはいかがなものかと思うわけです。朝からぐったりです。

しかし、それでも彼女を一目見られればそれでよし。大幅に遅れましたが、彼女もいつもと同じ電車だったので同じように遅刻。「すごく遅れちゃいましたね」とか話しながら会社まで行けたら楽しいだろうなあ…という空しい想像をしてしまいました。

ただ、今日は右手の小指にピンキーリングをつけていました。会社に着いてからメールチェックもそこそこに急いで意味を調べます(仕事しろよ)。何でも、誰かに想いを伝えたいときや、自分の魅力をアップさせたいときにつけると効果があるらしい。ふむふむ、左手の人差し指と似た感じか。

指輪をつける指によって色々な意味があるということを知りました。せいぜい左手の薬指の結婚指輪ぐらいかと思っていましたが、彼女を含め、女性はみんな意味を考えてつけているのでしょうか。「デザインが気に入って、ちょうど入る指がそこだった」というぐらいなのかもしれません。っていうか、私も意味を考えて指輪をつけたら願いが叶うのかも…ブサメンに指輪は気持ち悪いのでやめておきます。猫に小判、豚に真珠、ブサメンに指輪。

彼女は意味を考えてつけているのではないかと、何となく思います。女子力高そうですし、同僚との話を聞いているとリア充っぽいですし、服やアクセサリーなどおしゃれに対する関心がすごくありそうです。まさに私の対極。ブサメンは仕事に生きるべしです。