電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

飲み

オムそば

昨夜、立ち飲み屋さんで一杯引っかけて帰ろうと寄り道したところ、まさかの満員御礼でした。まだ木曜日なのに飲んだくれが多い街です。 このお店は駅から地下道で直結しているため、雨降りのときはとても重宝します。同じような考えの人が集まってきたのでし…

意思が弱い男

「なに考えてるか分かんない」― こう言われて彼女に振られることがこれまでに多々ありました。お互いに深く理解し合っていると思っている景子さんにすらたまに言われます。 目が一重で色白で、表情を変えることが少ないせいだと思います。学生時代に接客のバ…

狂気の沙汰

久しぶりにもかかわらず昨夜は立ち飲み屋でした。先輩は常に時間に追われているので腰を据えて飲めない性格ですし、男2人ですからこのほうが気楽です。 それにこの店の親父さんは以前、日本料理店で板前をされていて、日替わりの刺身をはじめ、どの料理も格…

蕎麦屋で飲む

「いつものもつ焼き屋や立ち飲み屋は休みだし、そもそも今夜は静かに飲みたい気分だし、でもお腹も空いてるからバーも何だか…そうだ、蕎麦屋にしよう!」 飲んだくれの街である横浜・野毛にたまに伺う蕎麦屋があります。本当は頻繁に通いたいのですが、人気…

山あり谷あり

思いどおりにならないからといってふて腐れるほど若造ではありません。むしろ、人生において思いどおりになることなどほとんどないことを理解しています。 ブサイクのプライベートは悲惨です。高校生のときに意を決して初めて告白したら、振られるだけでなく…

ずずずの酒場放浪記

「こちらにお邪魔すると“毎日、仕事がんばっていて良かった”と思います」― 大好きなもつ焼き屋さんを出るとき、親父さんに言いました。 「スタッフに学びの機会を持ってほしい」という新支社長の方針で、会社としてとあるコンサルと契約し、そこが毎日のよう…

昼飲み

今日は業務命令でセミナーを受講してきました。14時30分に終わりましたが、もちろん直帰して横浜で久しぶりに昼飲みです。 ラムハイとアジフライで良い気分です。今日は3軒ハシゴしてラーメンで〆るというフルコースの予定です。

横浜のじじぃ

「いつものところにいるからお前も来い!」 横浜のじじぃどもはとにかく元気なのです。70歳を過ぎたかそれに近い年齢で、私の親父より年上にも関わらず、夕方から飲み始めて日付が変わってもまだ飲んでいます。 「じじぃは日が沈んだら眠り、日の出とともに…

八方塞がり

仕事してぇ…。 気力・体力ともに充実し、能力もあるのに、それを発揮させてもらえないことほど辛いことはありません。私から仕事を取ったらブサイクしか残りません。 仕事は与えられるのを待つのではなく自身で見つけるものであるということは誰よりも分かっ…