電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

初体験

30歳を過ぎて初体験をしました。

2人の女性に両側からほっぺにチュー…。

2人ともお香の匂いを漂わせながら、浴衣の帯に団扇をさしている大和撫子でした。強張っている私にお構いなく、腕はガッチリとロックされていました。

2人ともシワシワのお婆ちゃんでした…。

東京都墨田区が主催する、すみだストリートジャズフェスティバルに出演してきました。音源審査を通過し、昨年に続き2回目です。

日本全国でこのテのイベントは開催されていますが、その中でもすみジャズは最大規模で、墨田区内のあちこちの街角でライブを繰り広げています。

私が今回、出演したステージは周辺の町内会の夏祭りを兼ねたようなところで、ご高齢の方々が集まってきました。

私のバンドはオールディーズを演奏しているわけではありません。ジャズファンクです。ただ、お婆ちゃんたちの若いころは生バンドのビートに合わせて踊るのが当たり前だったようです。

1曲目に誰もが知っている有名な曲をインストにアレンジして演奏したので、お婆ちゃんたちはノリノリでした。すぐにイスから立ち上がり、踊り始めました。

今回のステージは住宅街のど真ん中、四方をマンションに囲まれた公園だったのですが、マンションのベランダで踊っている方もいました。

演奏後、お婆ちゃんたちに囲まれ「あら、近くで見るとイイオトコ」「あと50歳、若かったら猛アタックしてるわ」と声をかけられました。

そして挙げ句の果てにほっぺの両側からチュー…。

酸いも甘いもかみ分けたお婆ちゃんたちには勝てません。完全にお婆ちゃんたちのオモチャとなり、されるがままでした。

よ、喜んでもらって何よりです!

夏祭り

f:id:wakabkx:20170820125652j:image
ライブというより夏祭りのようなステージです。こういうのも風情があって面白いものです。14時から遊んでいます(´▽`)

f:id:wakabkx:20170820131643j:image

ふみちゃんの夢

今日は久しぶりに雨が降っていない&しばらく降りそうもないので、洗濯物を外に干せました。乾燥機もありますが、やはり外干しのほうが気持ち良いです。

いつもどおりに起きて、掃除と洗濯をこなし、2時間ほど頼まれていた原稿を書き、少し昼寝をしたところで、ふみちゃんの夢を見ました。

ふみちゃんが私のライブを観にきてくれたと思ったら別のバンドのベーシストがふみちゃんの彼氏だったという、何度も見ている夢です。

昨年の9月にふみちゃんにやらかす前まで、私は夢を見ることなどありませんでした。夢を見る余裕などなかったと言ったほうが正しいかもしれません。

大学を卒業してから日刊紙の記者として長く勤めてきました。常に締め切りに追われる状態は精神的に決して良いものではありません。

「向こうが遅れてしまって、申し訳ないけどリスケで」では済まされません。届いた朝刊の1面トップが白紙だったらどうですか?という話です。

自分ではどうしようもないという言い訳がきかず“絶対に”遅れてはならないというプレッシャーは相当のものです。

日刊紙の記者はいつも気が立っています。それを静めるために浴びるように酒を飲み、無理やり眠る人が多くいます。

私もそのような生活を続けてきたので、夢を見ることなどありませんでした。見ていたのかもしれませんが、それを覚えていることもありません。

夢を見る、それを覚えているというのはある意味、余裕があるということなのかもしれません。しかし、こんな夢など見たくないのに。

明日のライブの曲の最終確認をしないと。