読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ボブ襲来

「ヘイ、ずずず!久しぶり!」

オフィスで集中していたところ、背後からいきなりスリーパーホールドをかけられました。一瞬だけですが、見事に頸動脈が絞まり、意識が飛びかけました。

こんなことをするヤツは1人しかいません。案の定、一昨年まで東京オフィスで約2年間、一緒に仕事をしていたボブ(仮名)でした。

身長190センチ、体重120キロ、軍隊経験がある筋肉ムキムキの黒人で、二の腕が私の太ももぐらいあり、道で遭遇したら逃げたくなるような男です。

しかし、実際はとても優しい男です。東京オフィスに在籍していた間に私が基礎を手ほどきした生け花に心酔し、花を愛する乙女です。

ただ、力の加減ができないのが玉に瑕で、彼にとってはスキンシップのつもりでも、私にとっては命がけということが多々あります。

一緒に携わった面倒なプロジェクトが完了した際、彼は大喜びで私を抱きかかえ、赤ちゃんにやるようないわゆる“高い高い”をやったのですが、私の頭を思いっきり天井に叩きつけてくれました。

一昨年にサンフランシスコオフィスに異動し、たまに電話やメールでやりとりしていましたが、顔を合わせたのは2年ぶりです。

「先々週に東京オフィスへの出張が決まってたんだけど、びっくりさせようと思って黙ってたんだよ。ところで彼女できたかい?」

2年ぶりに会っていきなりそこですか。できてないと伝えたところ、天を仰ぎながら「うちの奥さんが心配しているんだよ」と。

私に彼女ができないことは海を渡り国際問題に発展しているようです。「ずずずに彼女ができる前にトランプが北朝鮮を攻撃しちゃうよ」という意味不明な心配をしていました。

彼は今月いっぱい東京オフィスにいるそうです。しかし、彼のボスも一緒に来日しているため、結構な過密スケジュールになっています。

1回ぐらいは飲みに行きたいな、と話していましたが、時間があるかどうか。私は人種を問わず男にはモテるのです。

現実逃避

現実逃避したい思いに駆られています。

今日に限ったことではなく、常に現実から目を背けたいと思っていますが、実際にそんなことはできません。現実と折り合いをつけながら毎日を乗り越えるのみです。

今朝、JRのターミナル駅で人身事故があり、都心部のダイヤが大幅に乱れました。私は早い時間なので影響を受けませんでしたが、他部署の同僚がみんな遅刻してきました。

月曜日の朝は誰でも気が重いものですが、何とか気持ちを奮い立たせています。ただ、発作的に弾けてしまうこともあり、そういう人がいたのだろうと思います。

午前9時15分。

私に毎日訪れる苦しい時間です。ふみちゃんに会えなければがっかりし、会えたら会えたで存在の遠さを思い知らされてつらくなります。

たぶんJRから振替輸送の乗客が京急に流れ込んで混んだのでしょう。ウェブには特に遅れのお知らせはありませんでしたが、実際は遅れていたはずです。

いつもの時間にいたのはふみちゃんの同僚だけで、ふみちゃんはいませんでした。どちらかといえば会えないつらさのほうがまだマシです。

ガラスにうっすらと映る自分のブサイクな顔を見て、現実逃避したい思いに駆られます。しかし、これが私であり、受け入れていくしかありません。

土曜日のライブを観にきてくれた同僚が開口一番「ドラムがすごかったね!」と話しかけてきました。確かに神がかった勢いですごかったと思います。

自分は自分、人は人 ― 頭では分かっているのですが、他人の良いところと自分の悪いところを比べることをやめることができません。

今週末からイスラム教の断食月、いわゆるラマダンです。職場のムスリムの同僚と一緒に私も断食してみたら煩悩を退散させられるでしょうか。

神がかる

昨日はすごかったのです、ドラムが。

うちのバンドのドラムは天然というか野生児というか、スタジオでのリハだとできないような難しいことをライブ本番でやってしまうのです。

そのため、同じライブは2度とできない、いつも観にきてくれるファン曰く「毎回違いますね、特にドラム」と言われます。

それはとても良いことです。ライブのたびに少しずつファンが増え、昨日も全然知らない数人にバンドの情報を教えてほしいと言われました。

昨日のドラムは本当に神がかっていました。終わった後もドラムがすごかったと何人もに声をかけられました。録音を聴いてみると確かにすごかったのです。

ただ、ドラムが“暴走している”ではなく“神がかっている”と言われるよう、ベースが必死に抑えていることはなかなか分かりません。

ベーシストでもなかなか分からないはずです。ドラムの彼とやってみて初めて分かると思います。この大変さがどれほどのものか。

昨日は時間の都合上、最終的に7曲しかできなかったのですが、その中でもドラムが最も神がかっていた1曲がこちらです。

soundcloud.com例のごとく、PCだとすぐに聴けますが、スマホで見ると「Play on Sound Cloud」(大)と「Listen in browser」(小)が出るので「Listen in browser」(小)のほうをクリックしてください。

「Listen in browser」を1回クリックすると数秒間、読み込み、左上に再生マークが表示されます。それをクリックすると聴けますので。ヘッドホンやイヤホン推奨です。

屋外なので屋内のスタジオやライブハウスとは音が少し違う感じになっています。ちなみに私は新たな男性ファンを4人獲得しました。